資金繰りの改善

株式会社アイユートの服部がお届けいたします。脱!どんぶり勘定を実践した会社様の様子をお知らせする事で、少しでも皆様方の経営改善のお役に立てればと発行させて頂きます。

第7回は年商7億円の商業施設の木工事を得意とする下請工事と新築住宅、 リフォーム工事等の元請工事を施工する工務店の資金繰り改善事例です。

 

銀行から借入申込の稟議書に添付する、資金繰り表の作成を提出するように、 指示されました。従来は経理担当の奥様が銀行員の質問に答えて、銀行の担当者が作成していたようです。弊社では、今回契約残の入金内訳書も含めて、 資料作成の相談を頂きました。

 

提出する資料を作る事は当初の目的ではあるが、基本に戻って何の為に必要か、経営に与えるメリットについてご説明しました。(同時に実務改善も実施)  


  1. 目的は銀行から見て、お金が必要な訳(資金使途)(先の見通し)

  2. 会社から見て、先の見通しを立てる事。現在の受注(売上)ではいつ頃、資金が必要となるか把握する。

  3. 新しい契約受注がいつ頃迄に幾ら必要となるか?(経営者、営業担当役員)は知るべきである。(経理の問題⇒会社の重要な問題)

  4. 借入申込する場合に時間的余裕をもって申し込む(時間があれば選択肢も広がり資金は慌てるほど信用面で低下)

  5. 入金予定表の作成、支払予定表の作成(建設業は入金予定と支払予定の波が激しい業種の為、月の資金必要額が大きく変動する)

  6. 資金繰りを改善する為に他の方法も検討(遊休資産の売却・売掛金の回収)
    特に売掛金の回収はずさんな会社も多く、会社毎の売掛金残高か分かっても中身(どの工事が入金残になっているか?)把握出来ていない。先方では買掛金で無く、既に値引き処理されているケースも多く見られる。

  7. 小工事の未請求分を調査(未請求の工事が8件名70万円程有った)

  8.  

    そんな話の後、過去6ヵ月前から、実際の結果においての資金繰り表を作成
    その後、銀行提出の資金繰り表を作成出来る様ご指導させて頂いた。
    次ページに作成例を表示

 

 
 

資 金 繰 予 定 表

(単位千円)

 

 

 

 

 

 

10月実績

 

11月予定

 

12月予定

 

1月予定

 

2月予定

 

繰 越

 

5,338

 

21,029

 

10,056

 

11,243

 

4,284

 

 

 

既契約入金

 

39,088

 

49,527

 

36,687

 

52,541

 

28,955

 

当月 入金

 

24,090

 

25,000

 

25,000

 

25,000

 

25,000

 

その他入金

 

0

 

0

 

0

 

0

 

0

 

入金 合計

 

63,178

 

74,527

 

61,687

 

77,541

 

53,955

 

 

 

10日給与

 

5,862

 

6,000

 

6,000

 

6,000

 

6,000

 

20日経費

 

3,088

 

3,000

 

3,000

 

3,000

 

3,000

 

月末工事金

 

28,021

 

70,000

 

60,000

 

75,000

 

35,000

 

月末返済金

 

3,968

 

4,000

 

4,000

 

4,000

 

4,000

 

社保・家賃

 

4,002

 

4,000

 

4,000

 

4,000

 

4,000

 

その他出金

 

2,546

 

2,500

 

2,500

 

2,500

 

2,500

 

特別 支出

 

0

 

1,000

 

6,000

 

0

 

0

 

支出 合計

 

47,487

 

90,500

 

85,500

 

94,500

 

54,500

 

 

 

資金 収支

 

21,029

 

5,056

 

−13,757

 

−5,716

 

3,739

 

調

 

 

新規契約金

 

0

 

5,000

 

5,000

 

10,000

 

0

 

借 入 金

 

0

 

0

 

20,000

 

0

 

0

 

その他調達

 

0

 

0

 

0

 

0

 

0

 

 

 

次月 繰越

 

21,029

 

10,056

 

11,243

 

4,284

 

3,739


このように資金収支がマイナスの月について、新規契約金、借入金等調達が必要になります。今回の一番の改善は、資金繰りが経理と社長だけの問題から、役員を交えて、会社の問題として、契約条件の改善、売掛金の回収の問題等

話し合われ経営者の意識改革に繋がった事です。


-----

 


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

links

  • お問い合せ
  • 建設業補佐官の現場日記
  • 株式会社アイユート_ホームページ
  • amazon.jp_脱!どんぶり勘定
  • アイユート紹介動画
  • ペライチ_脱!どんぶり勘定
  • HTS|記帳代行・給与計算・会社設立・経営コンサルティング
  • K Office|名古屋の中小企業・起業 経営コンサルティング

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode